SmartAnglers.Online

さかな釣りを、スマートに。

ベースステーション選び(2)

f:id:smartanglers:20170619101408j:plain

 

前回のおさらい。

 

電車釣行をメインにした場合、

こんな項目を重視してベースステーションを決めていきます。

 

・家からそこまで遠くない

・とにかく海(釣り場)が近い

・近隣に複数のポイントがある

・コンビニが近くにある

・釣具店が近くにある

・ホテルが近くにある

・レンタサイクルがある

 

まずは自宅から一番近い名古屋港エリアでの

ベースステーション探索。

いろいろ調べた結果「野跡駅」に決めました。

 

名古屋駅から「あおなみ線」で約30分。

野跡駅の最大の魅力は「釣り場を選べること」。

「庄内川の河口付近」と「名古屋港の港湾部」の

2つのフィールドまで徒歩で行けることです。

 

また、入れるポイントがいくつもあるので

その日の風向きに合わせて釣り場を選ぶことも可能。

自宅から一番近い釣り場として気軽に行けそうです。

 

駅のすぐ近くにはコンビニもあって

釣り場の近くに公園のトイレもあるのがうれしいところ。

これからの季節は深夜23時台の電車で駅に向かって

早イチの電車で帰ってくるといった

夜更かし釣行もできそうですね。

 

 

先日キビレちゃんを釣ったのもこのエリア。

シーバスやクロダイ、エサ釣りならウナギ狙いの方なども

いるようです。